FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>Pekoさん(Hearty Groove-Let's Groovin' Together!)へ。 

元記事はこちら
http://heartygroove.blog29.fc2.com/blog-entry-271.html

それでは以下、コメントです。
pekoさんの言われていること、よく分かります。
挨拶も、計画を立てる時間も、その元にあるのは『余裕』ですよね
余裕がないとできない。

私の実体験から言いますと、システム系・情報系の仕事は、結構せわしなくて、時間的にも精神的にも余裕がないことが多いような気がします。
仕事の内容的にも、やはり神経が磨り減るような仕事が多いので、どうしても疲れきってボロボロになって帰ってくる、ということが多いです。

システム系の仕事は、もう少しスケジュール的に余裕を取って欲しいものです。
前のプロジェクトの悪いところを反省する暇もなく、次の仕事に入っていったりすることもしょっちゅうでしたし。
やはり、そういう意味でも、余裕のある職場が望ましいですよね。

でも世の中には凄い人がいて、
『この人しんどい仕事してるのにいつも笑顔やなぁ』
という人がいます。
やっぱりちょっと殺気立ったような環境の中で笑顔があるとほっとしますよね。
本当に尊敬します。
そして、自分も見習わねば、自分だけがしんどいんじゃないんだから泣き言言わないようにしないと、と思えてきます。
そういう意味では、職場に望みつつ、自分の意識も変えていかないといけないんでしょうね。
なかなか難しいものです。

次の職場、ゆっくりと自分のペースで仕事できるところだったらいいですね~。
スポンサーサイト

コメント

そうですねぇ。

仕事では極端に自分のペースに拘るつもりはないのですが、予定を組み立てる時間と言うのは相手のペースに合わせ合える時間だと思っています。
軌道修正の為の時間と言いましょうか…
次はその呼吸が合わせられる、ウマが合う職場だとイイナァ、とね…笑

なるほど。

確かに軌道修正は大事です。
そのままずれたまんまいってしまうと、お互いにとって辛いし、イライラするだけですからね。

人を使うのがうまい人っていうのは、その辺の相手の気持ちとか呼吸を分かってくれる人なんでしょうね。
経験から行くと、結構それができる人は少ないですよね~。
それが辛いところです。
次、いい人と一緒に仕事ができるといいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatarakutoiukoto.blog31.fc2.com/tb.php/28-c011ae89

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。