FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接の心構え。 

面接とか自己アピールというのは実に難しい。
これは日本人の奥ゆかしい性質もあるのだろうし、個人的な性格も大いに関与してくるのだろう。
個人的に、私自身は苦手、ということである。

その辺のことをどうすればいいか、というのを、Pekoさんが『Hearty Groove-Let's Groovin' Together!』というブログで書かれていた。
『転職活動記録ノート。』という記事が、これはもうよく出来ていて思わず納得してしまったので、是非皆さん読んでほしい。
これだけ丁寧に書かれていると、こちらとしては他にいうことはない。
これが全て。完璧です。

1回の面接を行くのに、本当はこれだけの前準備が必要なんだろうなぁ、と思う。
実際私が就活していたときなどは、この10分の1もしていなかった。
行き当たりばったり、とりあえず行っとけ、であった。
分析も何もあったものではない。
だから内定をもらうまでにかなり時間がかかった。
今pekoさんの記事と自分のやった面接を照らし合わせると赤面物である。

なぜ面接に落ちまくったか、なぜpekoさんのような分析をしなかったのか、ということについて考えてみると、おそらく、『どこでもいい』という姿勢がどこかに出ていたのだろうと思う。
この会社でもいいし、あっちの会社でもいいし、どっちでもいいから受かればいいや、という姿勢。
『本当にこの会社に入りたいんです!』という熱意がなかったのかもしれない。
多分本当に入りたかったら、落ちてもまた行く、ぐらいのことをするのだろう。
その辺りの姿勢が自分には欠けていたんじゃないかと思う。
もしくは、『ここが落ちてもまだ他に会社はいくらでもある』という思い。
そういう姿勢が体からにじみ出ていたのかもしれない。

たぶん、そんな気持ちで入った会社で過ごす日々というのは、退屈であったり満足できない日々であることが多いように思う。
意外に楽しい仕事だった、ということもあるかもしれないが、それはまれだろう。
だから、本当に入りたい会社、やりたい仕事が出来る会社、それを目指すべきだと思う。
たとえ多少門が狭くても、真剣に面接対策をして、自己分析をして、徹底的に準備してから行けば、それだけ確率は高くなる。
そのくらいの決意と熱意が必要なのだろう。

幸せな転職生活を送るためには、まずその辺りから見直してみる必要があるのかもしれない。




スポンサーサイト

コメント

(^-^;)

ありがとうございます…。
お恥ずかしい限りですi-201
何かと緊張の多い転職活動、楽しみながらやっているうちに、あのような形になっていました。
向き不向きがあるので、方法の一つとしてご参考頂ければ幸いです。

楽しみながら、って結構大切かも知れませんね(^m^)

好きこそ。

いえいえ、素晴らしいと思います。
まず、なかなかそういう風に思うことができないですからね。
好きこそ物の上手なれ、と言いますが、まさにそのとおりで。
嫌だなぁ、めんどくさいなぁ、と思うだけでなく、それを「どうしたら面白く出来るか?」ていうように工夫していく姿勢が大事かもしれませんね。
勉強になりましたm(__)m

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatarakutoiukoto.blog31.fc2.com/tb.php/10-183cfe98

第一回面接開始

 久々の面接です。いつ以来かな~、前の会社の時だから2年半ぶりくらいか...
  • [2005/10/27 19:46]
  • URL |
  • インテリジェンスでの転職活動日記 |
  • TOP ▲

T社とのやりとり

前回の続きです。。T社とのやりとりにあたっては、転職サイトを通じて面接の日程等を取り決めました。当然、私は仕事をしながらの活動ですので、基本的には休暇を取って面接に行かなければなりません。しかし、T社の活動時は幸いお盆の時期で、以前書いたように私
  • [2005/10/27 22:33]
  • URL |
  • 転職日記? |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。