FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 『不安』  

今週のテーマは『不安』で行きたいと思います。
転職に対する不安、
今の職場に対する不安、
失業中の不安、
将来に対する不安、
何でも結構です。

ブログを持っている方も持っていない方も、コメントやトラックバックで参加よろしくお願いします。
スポンサーサイト

相談の仕方。 

友人や、知り合いなどから、「仕事辞めようかとおもうんやけど…」というような相談を受けることがある。

そんなとき、大抵の場合、私は『ええんちゃう?』と答えるようにしている。
あまりにも無責任に聞こえるこの『ええんちゃう?』。

でもそれはそれで理由があるのだ。


続きを読む

仕事とプライベート。(2) 

(続きです)
続きを読む

仕事とプライベート。(1) 

世の中にはいろんな仕事があると思うが、時間が不規則な仕事という点では、SEも結構上位にランクインするのではないかと思う。
私の実体験や、聞いた範囲でしか語ることができないのが、聞いた限りでは、公務員の安定性とは対極に位置する。
続きを読む

トラックバックテーマ 『仕事とプライベート』  

今週のテーマは『仕事とプライベート』で行きたいと思います。

みなさん、ブログを持っている方も持っていない方も、コメントやトラックバックで参加よろしくお願いします。

雇用保険の説明会。体験日記。 

今日は雇用保険の説明会に行ってきた。
場所は十三(大阪)のハローワーク。
続きを読む

ハローワークにて雇用保険説明会。(前日) 

そういえば、明日は雇用保険説明会だった。
すっかり忘れていた。
続きを読む

>Pekoさん(Hearty Groove-Let's Groovin' Together!)へ。 

元記事はこちら
http://heartygroove.blog29.fc2.com/blog-entry-271.html

それでは以下、コメントです。
続きを読む

>ふみたかさん(どんとこい!転職活動) 

元記事はこちら。
http://hatarakutoiukoto.blog31.fc2.com/blog-entry-24.html#comment_list

ふみたかさんのブログはこちら。
『★☆どんとこい!転職活動☆★』

以下、コメントです。
続きを読む

>AKIRAさん(裏失業保険マニュアル)へ。 

元記事はこちら。
(http://nojob.blog35.fc2.com/blog-entry-10.html)
続きを読む

御礼&後記。 

皆様、トラックバック&コメント、ありがとうございました~!!
ちょっと難しかったですかね?
第一回目と言うことで、真面目にいってみたのですが。。。
いやぁ、こういうの初めてだったので、皆さん参加してくれるかどうかちょっと不安でした。
でもうまくいったのでよかったです。
来週からはもうちょっといろんなところに宣伝して、多くの人に参加してもらえるように頑張ってみます。
と、いいつつ、まだまだ今週分のテーマに対する応募(?)もお待ちしていますので、お気軽にどうぞ~。

それでは、それぞれの方に対するコメントを、記事にエントリーしていきます。
元記事が気になる方は、それぞれのサイト様を訪れてから見てください。

トラックバックテーマ 『職場・仕事に望むこと』 

今週のトラックバックテーマは

『職場・仕事に望むこと』

でいきたいと思います。
みなさま、よろしくお願いします。

ブログを持っている方も、持っていない方も、
お気軽にコメント、トラックバックしてください。

それでは、以下、『職場・仕事に望むこと』の私のコラムです。

続きを読む

洗濯物と効率。 

今日は土曜日なので、書かないでおこうかと思ったのですが。
ちょっと暇があったので書いてみます。

昨日、洗濯物をたたんでいました。
そこで、ふと思ったのです。
『一番効率のいい洗濯物のたたみ方って言うのはどういうものだろう?』
続きを読む

初。メルマガ発行。 

メルマガというものがあるのは知っていたのだけど、どんなものなのだろうなぁ、と思っているだけで、読んだことも作ったこともなかった。
最近ちょっと興味を持ってきたので、作ってみました。

その名も。
『転職って、どうなの?』
 http://www.mag2.com/m/0000174549.html

まだ創刊したばかりでよくわかっていませんが、よろしかったらどうぞ。
このブログにはない情報など、どんどん載せていきたいと思います。
転職に興味のある人も、ない人も。
転職以外の話もいろいろ書いていこうと思っていますので、よろしくお願いします。

直接、メールやブログのコメントなんかで
『こんなことをやってほしい』とか言ってもらえれば、どんどん反映していきたいと思います。
ということでみなさま、よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------

『転職って、どうなの?』 読者登録フォーム


メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

まぐまぐ『まぐまぐ!』から発行しています。

伝える。(2) 

((1)の続きです。)
続きを読む

伝える。(1) 

ここで紹介されていた記事を見て、思うところがあったので、書いてみる。

上記記事でかかれている内容を要約すると、
『日本人は「言わんでも分かってくれよ」で、アメリカ人は「分かって欲しいんやったら言えよ」。文化の違いが転職活動にも表れている。』
ということになるだろうか。

この話はよく聞く。
日本語は曖昧文化である。
『あの、その、まぁ、なんだ、あれだよあれ。・・・』
みたいな。
端から聞いていると全く分からないが、本人たち同士では通じているらしい。
そんな現象はそれこそどこにでもあって、最近某CMでやっている『アレリーマン』も笑い話ではない。
続きを読む

情報の収集。 

ブログランキングドットネットというブログランキングサイトがあって、そこにトラックバックキーワードなるものが設定されている。
なにかというと、こういうテーマを出すから、みんなこれにトラックバックしてみんなでいろいろ記事を書きましょうね、っていうこと。
その一部を抜粋してみる。
続きを読む

ブログについて。 

今回も転職とは関係のない話題で。

一応このサイトは『ブログ』ということになっている。
これはなかなか便利な形式で、ただ記事を書くだけでいい。
今までのホームページのように、FTPで転送して・・・なんていう面倒なファイルのやりとりをしなくていいわけである。
どうやら最近では携帯からも更新できたりするらしい。
やったことないのでわからないが。

で、いろいろ便利な機能もついている。
これもまた使ったことがないのだが、『追記機能』
多くのところではこれを使ってサイトをすっきりとおさめているところがある。
ちょっと見習うべきか、と最近思っている。
(なにせ書く文章が長くなってしまうので・・・)
今度挑戦してみます。

そのほかには、『コメント、トラックバック機能』
これもなかなか面白い。
まぁ、日記と掲示板が一緒になったような感覚だろうか。


と、まぁ、便利な機能はあるのだが、でもやっぱりそれはただの枠組みなわけで。
結局は内容とアイデア勝負である。
これが難しい。
人と同じことをやっても面白くないし、かといっていろんなことに手を出すと統一感のない、何がしたいのかわからないブログになる。
思いはある。
それはあるのだが、それを実現させる手段がなかなか思いつかない。

その思いとは、いろいろなブログとかホームページを見て回って思ったのだが、なかなか転職に関して情報を発信しているものはないなぁ、ということ。
仕事紹介、といってアフェリエイトを貼り付けただけのブログもある。
なんとなくだまされた気になる。
だらだらと上司や面接担当者の愚痴を書いているだけのサイトもある。
でも、どうすればいいか、といったノウハウを書いてあるサイトもある。
というように、個人ブログは結構あって、その中にはみなさんが色々と意見や体験記を書いているのだが、総合的にまとめたようなサイトはなかなかない。
そこで、読者の人が楽しみながら、感心しながら、なるほど、と思わせて、且つ、皆さんの役に立つようなサイト、転職に関する情報が詰まっているサイトを作りたいなぁ、と思ったのだ。
正直に言えば、そこでアフェリエイトお金がもらえればいいなぁ、というのもある。

が、なかなか現実はうまくいかないもので、どうしたらいいのやら、というところである。
何人もの人がリピーターとしてこのサイトを訪れてくれているので、本当に嬉しい限りだが、それ以上来てくれる人を増やすにはどうしたらいいか。
もっと魅力あるコンテンツを発信するにはどうすればいいか。
なかなか難しいものがある。
ある意味では、一人の経営者的視点であり、広報的視点であり、企画者的視点である。
それをブログは試されるし、身につけることが出来る。
そういう意味で、ブログというのは非常に有用なツールである。
そして、扱いが簡単だからこそ、他人のブログとの差別化が難しい。


ということで、これから試行錯誤、色々やっていきたいと思いますが、みなさん呆れずに、よろしくお願い致します。

感謝。 

このブログを始めて、もうすぐ1ヶ月ぐらいになります。
最初はこんなブログ見てくれる人がいるのかなぁ、と思っていましたが、みなさんに見ていただいて、感謝感謝です。
それに、本当にありがたいことに、いろんな方が記事にコメントを下さって、書く方としても書き甲斐があります。
こんなにトラックバックやコメントをもらえると思ってなかったので、嬉しい限りです。

やはりこういうブログというのは、書いて、誰かが見てくれると言うところに醍醐味があるので(そこで意見交換など出来れば最高)、誰も見てくれないよりは見てほしいものです。
こちらとしても、誰かが見てくれて、それで何かを感じてもらえるようなブログにしようと思っているので、こういう風にコメントをもらえたり、意見をもらえると凄く嬉しいです。
だから、初めての方も、遠慮なさらずにどんどん書き込んでいってほしいなぁ、と思います。

このブログで目指しているものは、
・コラム
・ブログを使っての意見交換
・転職情報の提供
・実体験からのアドバイス
といったようなことです。

でも、もっと他にも色々やりたいなぁ、と思っています。
週一のコーナーとか。
転職活動の中でちょっとほっとできる情報の提供とか。
もし、みなさんもこんな情報がもらえれば嬉しい、というようなことがありましたら、お気軽におっしゃってください。
検討させていただきます。
やはり、見てくれる人あってのブログですから、書く方だけではなりたちませんし。

ということで、みなさん、これからもこのブログをよろしくお願い致します。
もっと内容を充実させていくように努力していきたいと思います。

モチーベションの維持。 

みなさんはモチベーションの維持というのをどのようにしているのだろうか?

これは悩んでいる人全ての共通の悩みかもしれない。
モチベーションというのは扱いが厄介なもので、普段順調に物事が進んでいるときは全然意識しないのだが、ちょっとでも調子が悪くなってくると、下がりだす。下がりだすと一旦一番下まで下がりきらないと上がらないし、一番下まで行ったからといってそこから上がるという保証はない。
なんとも難しい。

仕事中のモチベーションもさることながら、失業中のモチベーションというのはさらに難しい。
おそらく、『早く再就職しなければ!』という人はモチベーションが上がるのだろうが、『まぁゆっくり探し出そうか』と思うともうモチベーションは一気に下がってしまう。
しばらくはいいや、と思ってしまう。
そうやってしばらく休んでから、さぁはじめよう!と思ってもなかなか最初の一歩が踏み出せない。
1週間休んだら2週間休むのも一緒だろう、となる。
これがやっかいで、そのままずるずると行ってしまう。

これは自炊やブログの更新なんかでも同じである。
ずっと続けて自炊しているときはその流れで行くのだが、一度外食をしてしまうと、もういいか、という気分になる。
ブログの更新も、一旦休んでしまうと、次に更新するのが億劫になる。
では、どうすえればモチベーションを維持して続けることが出来るのか。
自分を例にしてみると、最近は自炊が楽しくなってきたので、それなりに続く。
ブログの更新は、ありがたいことに皆さんがたくさんコメントを下さるのでそれが励みになって更新できている。
つまり、そこには『喜び』があるわけである。
それこそがモチベーションの維持に必要なものではないだろうか。

これを転職に当てはめてみる。
転職活動と言うのは、基本的に面白くないものである。
緊張の連続だし、履歴書を書いたり面接をしたりアポを取ったり、なにかと面倒である。
それが前提としてある。
しかし、その中にも自分なりの楽しみ、喜びを見つけることは可能だ。
例えば、前からほしかった万年筆を思い切って購入して、それで履歴書を書いてみる、とか。
例えば、転職を通していろんな人と知り合って人脈を広げる、とか。
そうやって楽しみ、喜び、希望がないと、モチベーションというのはなかなか維持できない。
自分なりのペースで、自分なりの楽しみを見つけられたら、結構気が楽になるものである。
もし悩んでいる人がいたら、ちょっと試してみてはどうだろうか?

返信。 

>のさん
誰のために、の模範解答は、『ステークホルダー(利害関係者)のために』、でしょうね。
株主、お客様、社員、家族、そういう人たち全てのために。
ただ、だからといっていつまでもその人たちの面倒を見ないといけないか、といえばそうではない。
別の選択肢があっても全然かまわないわけです。他の会社に移っても全然かまわない。
だから結局は、自分の今いる環境の中でベストを尽くすことが、結果的にみんなのためになっている、と考えるしかないのではないかと思います。
会社が変わっても、その中でみんなのためになることをすればいい。
例えば、接客業の人が、『お客様の笑顔のために仕事をやっています』と言う。
それはそれで正しいのだとは思いますが、でもそこには会社があって、株主がいるわけです。
だから、お客様だけのために働く、というのもおかしい。
行動の結果として、そういう全ての人たちためになっていれば、それが答えだと思います。
…というのは奇麗事かもしれませんが(笑)


>?さん
はじめまして。
『働くということ』という本があるということは、このブログを作ってから知りました。
読んでみたいなぁ、と思いつつまだ読んでいません。
何のために働くのか、という理由は本当に難しいものだと思います。
適当に自分に嘘をつけば、綺麗な理由はいくらでも出てきますし、本音を語れば下世話な理由がこれまたいくらでもでます。
でもそれらは実は全部本当のことなんじゃないか、と思います。
例えば、
『お金のため』。当然それもあります。生きていくための手段ですから。
『自分を高めるため』。それもまぁあるかもしれません。いつまでも成長しなければ生きていけません。
『みんながやっているから』。そういう部分も多少はあるかもしれません。完全には否定できない。
というように、いろんな理由があります。
たぶん、そういう理由を思いついたということは、それが心の中に少しでもあったからだと思います。
だからそれはそれとして受け入れればいいのではないかと思います。
別に自分に嘘をつく必要はない。

私個人の理由としては『面白いことがしたい』。
凄く単純です。(単細胞なので、私が行動する基準はいつでも『面白いか』『面白くないか』です)
世の中にはいろんなことがあるし、可能性があります。
その中で面白いことをしたい。だから、面白くない仕事はなるべくしたくない。
でもそれが面白いことにつながるのなら、やります。
できることなら、面白いことだけをやってお金を稼いで生きていきたい。
人からは甘いと言われるかもしれない。
でも、『辛い思いをしていないと仕事じゃない』なんてことはないわけです。
なんらかの生産活動をしていれば、それが仕事です。
自分が面白いと思うことで生きていければ最高じゃないですか?
私が前の会社を辞めた理由の一つは、まさにそれです。
もっと面白く仕事が出来るんじゃないか。
もし、そんな仕事があるのなら、今やっている仕事は続けるだけ時間の無駄です。
少しでも早くそういう仕事に出会うために、前の仕事を辞めました。
他にやりようはあったかもしれませんし、時期も最適な時期ではなかったかもしれません、
でも、それはそれでよかったと思っています。
私は今は今で面白いですし、これからもっと面白くしてやろう、と思っています。

でも、働く理由なんて、本当は何でもいいとおもっています。
働いていく中で見えてくることもあると思います。
そして、実は凄く単純なことだったりするんじゃないか、と思います。
だからそこで悩むよりは、『何がしたいか?どんなことなら面白いか?』と、ちょっとぐらい自己中心的になって考えてみてもいいと思います。
と、いうのが私の意見です。


>森 宏元さん
コメントありがとうございます。
お顔、拝見させていただきました。
おぉ、こういう人なのか、と。
またそちらの方にも伺いますね。
サイトの主旨的には共通する部分もあると思いますので、いろんな意見交換が出来ればいいな、とおもいます。
これからもよろしくお願いします。

幸せとは。 

今回は、またちょっと違う切り口で転職について考えてみる。

私は決してお金を持ちさえすれば豊かで幸せになるとは思っていない。
それは人間が物理的なだけではなく、精神的な面も持ち合わせているからである。
この議論も世の中では嫌と言うほど繰り返されているので、特に詳しく述べる必要もないと思う。
一つだけたとえを挙げておくなら、大金持ちほどそのお金を誰かが狙っているんじゃないかと疑心暗鬼になって人を信用できなくなって、幸せな生活を送れない、というようなことだ。

今回の話はそこまでスケールの大きなものではない。
転職する際に、何を基準に考えるか、ということだ。
多くの人は、金銭的な待遇の改善を求めるだろう。
今の会社の給料ではやっていけない、自分の実力ならもっともらえるはずだ。
そういうのももちろんあると思うし、適正な金額をもらうために違う会社へ移動するというのも全然おかしなことではない。
むしろ、もっとどんどんやっていいと思う。
ただ、判断基準が金額だけだと痛い目に会うこともある、ということである。

仕事といっても、やはり人間がすることである。
周りには人間がいるし、人間関係がある。
仕事にはいろいろあって、自分のやりたい仕事、やりたくない仕事、いろいろある。
たとえ給料を多くもらえるからと言って、全く自分のやりたくない仕事をするのであれば、それはストレス以外の何物でもない。
また、いくら仕事内容がよくて、給料がよくても、人間関係が悪ければ、それは地獄のようなものである。
それならむしろ、給料は多少安くても自分が快適に仕事が出来て、やりがいもある仕事、というのがいいのではないかと思う。(個人的には)

つまりは、いくつかの基準の中で、自分なりの優先順位をつけるべきだろう。
今はお金がどうしても必要だから、給料が最優先、という人もいるだろう。
今はスキルアップのために勉強したいから、給料よりも仕事内容を優先、という人もいるだろう。
はたまた、今まで人間関係で苦労してきたから、もう懲り懲りだし、楽しく気を遣わずに仕事ができる職場がいい、という人もいるだろう。
その辺りの基準は色々あると思う。

転職を考えている人は、何のために転職したいのか、その転職によってどんなことを変化させたいのか、どの部分を重視するのか、その辺りを明確にした方がよいと思う。そして、幸せになるためには、自分はどんな環境が適切か、それを見直してみてはどうだろうか。
幸せの定義とは、自分で作るものである。
お金持ちになりさえすえれば幸せだ、というものでもないのだ、と私は思う。

会議への参加。 

今日は転職とは関係ないのだが、会議について考えてみる。

今週の月曜日に、ちょっとした会議に出席した。
友人から仕事を手伝ってほしいという話があったので、その話を聞きに行ったのだ。
相手の会社の人も数人出てきていて、ちゃんとした会議である。
あるシステムを作るということで、その方針・内容・仕様決定の会議だったのだけど、結構みんな好きなことを言っていて、すぐに話がずれる。
違った方向に行く。
そこで僭越ながら私が「まぁ、それは置いといて今はこれの話ですよね?」と方向を修正する。
そしてやっと話が進んでいく。

いろんなアイデアを出す人がいる。でもそれは必要ないのでは…と思う。
面白い機能はいくらでも思いつくし、工数をかければ大体のことは実現可能だ。
しかし決められた工数の中でやるには、そういう機能を盛り込んでいては不可能だ。
それがわかっていない人は、どんどんいろんなアイデアを出す。
だから「それは今回は別になくてもいい機能ですよね?」と切る。

もちろん、業務についての話はわからないので、わからないところは聞く。
ん?と思ったところは、食いつく。
こうあるべきだ、と思ったことは言う。

それが私の会議での基本的な姿勢である。



たぶん、会議に出席する人のタイプというのは何パターンかに分けられるのだろう。
 ・議長タイプの人。
 ・アイデアだけ出して後は適当にやってくれ、という人。
 ・全くしゃべらない人。
 ・批判だけする人。
 ・自分の得意分野のことだけを気にかけている人。
 ・なんにでもうなずいて、結局分かっているのか分かっていないのかわらない人。
 ・論理的な説明ができる人。
 ・とりあえず決めたがる人。

などなど。
探せばもっとあると思う。
その中でどんな人がいいかといえば、やっぱり論理的な説明が出来て、それでいて決断力がある人。
イニシアチブが取れて、みんなを納得させられるだけの信用があって、決めるべきことを決める人。
人間関係や損得、因果関係、その辺りもうまく考慮・調整できる人。
人情の理解できる人。

これらを兼ね備えている人が会議のうまい人、だろう。
これはなかなか難しい。一朝一夕では出来ない。
経験と、意識のもち方だろう。

これは前の会社の上司に、口を酸っぱくして言われたのだが、
『会議に出るからには何かしゃべれ』
と。
本当にそのとおりだと思う。
会議に出て全く話さない人、聞いているだけの人、遊びだす人。色々いるが、それでは会議に出た意味がない。
もし自分が関係ない、と思っていても、食らいついていく。
そのくらいの心意気が必要だと思う。

たぶん、相手の会社の人からすれば、「何なんだこの若造は。いきなり来てごちゃごちゃと言いやがって」というところだろう。
でも、それが仕事である。
言うなれば、こちらは部外者だ。
しかし、会議に入った時点で、当事者になる。
そのまま黙っていて、変な方向に進むのは阻止しないといけないし、全くどの方向にも進まなくなっても困る。
そして、往々にしてそのしわ寄せはこちらに来る。
SEはしゃべらない、というイメージは間違いである。
ガンガンしゃべる。
営業よりもしゃべる。
決めるところは決める。
決まらないところは、誰が決めるのかを決める。
それぞれの宿題を決める。
そうして責任を明確にしていく。
それがSEの仕事である。

ある人が言っていたのは、
『会議は戦場や』
確かにそのとおりである。
それぞれがそれぞれの思惑で、それぞれの利益を確保するために戦う。
こちらの立場が弱い場合は余計に必死で戦う。
だから私も会議に出るからには発言するし、戦う。
そういう意識が必要なんじゃないだろうか、と思う。

というのが、私の会議に対する考え方です。
皆さんはどう思いますか?

失業者の土日の過ごし方。 

退職してからみんなに言われるのが、『暇そうでいいね』『毎日が日曜日やな』『まさしくロングバケーションやな』などなど。
やはりゆっくりのんびりして楽そう、というのがイメージのようだ。

確かに家にいるという意味ではそうだが、特に暇だと思ったことはない。
ホームページも作っているし、ブログも作っている。
昼と夜には自炊するし、食料を調達しに買い物にも行かなければならない。
洗濯したり掃除したり布団を干したりするから、その時間も必要だ。
だからそれほど暇を感じることはないし、ゆっくり、というわけにもいかない。
まぁ、それでも社会人に比べれば、確かに暇はあるし、自由度は高い。
普通の社会人なら昼間に買い物に行ったり布団を干したりは出来ない。
しかし、遊び三昧というわけではない。
退職したのだから、お金も限りある資源だから無駄には使えない。
辞める前は旅行に行きまくってやろうかと思っていたが、いざ辞めてみると、平日に一緒に旅行にいける友達などいるはずもなく、結局行っていない。
だからそれほど失業生活を満喫しているというわけでもないし、暇で暇で毎日日曜日、というわけではない。

ただ、毎日家にいるので曜日感覚がだんだん薄くなってくる、ということはある。
土曜日だろうが水曜日だろうが、大して変わらない。
違うのはテレビの番組ぐらいである。
そうなってくると、生活のリズムが作れないし、メリハリがない。
気持ちも続かない。

その対策として、私は土日はしっかりと休むことにしている。
仕事のことも転職のことも考えない。
ブログもホームページも更新しない。(ブログの履歴を見てもらえれば、そうなっていることがわかると思う)
全力で休む。
その辺のリズムは人それぞれなのだろうが、そういうメリハリをつけることは大切だと思う。
そうしないと、だらっと無駄に毎日が進んでいってしまう。
会社に行っているときは、強制的にそのリズムに乗せられていたわけだが、あれはあれで規則正しい生活リズムとなっていた。
しかし、突然一人になると、それが自己管理となる。
そこで自己管理が出来ないと、脱落である。
ついつい遊んでしまう。
テレビを見てしまう。
ゲームをしてしまう。
そして働く意欲がなくなる。
働かないとなぁ、と思いつつニートになる。
辞めてから遊びまくってやろう、とか、寝まくってやろう、とか思っている人は、それは1週間か2週間までにしておいた方がいい。
それ以上になると次にいけなくなる。
そうならないためにも、なにかしら、(無理矢理にでも)自分のリズムを作るということは大切だと思う。

と、いうのが私の意見です。
失業している方(もしくはしていた方)はどのようにその辺管理されているのでしょうか?
もしよかったら教えてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。